読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版『STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』

新宿で見てきました。ネタバレがあるので、最近はてなブログに導入された「続きを読む」機能を使います。

僕はネタバレにはうるさい男です。

 一言で言うと「焼き回し」でした。

アニメ版で岡部がやったことを紅莉栖でやっただけです。

世界線絡みの問題提起→タイムリープと過去改変→鈴羽とタイムマシン

この流れ、葛藤の内容も解決の方法も概ねアニメ版と同じです。

ただ、性質の悪いことにと言うべきか、この映画が面白いか面白くないかと言われれば確実に面白いんですよね。アニメ版は重厚なシナリオを十分な演出で描き切った超大作だったと僕は認識しています。劇場版でもシナリオは文字通りそのまま、演出に手を抜いている気配も全く無いですから、どうやっても面白くないことはないんです。盛り上がりも綺麗で、手堅くまとまっているんです。

面白いには面白いんですが……根本的にFDです。それ以上でも以下でもないです。

 

個人的なことを言えば、紅莉栖が主人公になる後半は女性主人公ということになってそこはとても良かったです。女の子が奔走するのはやはり良いです。

 

あと、単純に理解出来なかったのは終盤で過去に戻った紅莉栖が結局岡部(少年)に打ち込んだ楔はなんだったのかというところです。

紅莉栖が岡部(少年)に吹き込んだ鳳凰院の設定がシュタインズゲート世界線では岡部の中二病の原点になっているという解釈でいいんでしょうか。他の世界線では岡部が独自に考えていましたし、イマイチ繋がりがはっきりしない感じがします。

まさかとは思いますが、あの痴女接吻が……?