読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6/26 雨

大日本帝国憲法です。

大分更新間隔が空いているうちに色々ありました。休日に足を運んだアニメ系のイベントが凶器を持った男に襲撃されて中止になったり、秋葉原にしかない店舗でゲームを予約しようと思ったら途中で電車が止まり駅から店まで10分で付かねばならないこれはマズいと秋葉原中央通りを疾走したり、基本ソロ系のイベントしかないのは僕が人生のソロプレイヤーだからです。

そろそろ夏学期も終わり期末試験から夏休みというところ、新入生の皆さんは如何お過ごしでしょうかということには、だからというわけではないにせよ特に興味は無いのですが、僕は最近あまり暮らしが面白くないです。というのも、何に付けてもとにかく時間が足りません。勉強も遊びも満足いく時間が取れずにどちらも中途半端という感じ、モヤモヤとした気分で毎日過ごしています(ブログでモヤモヤしているブロガーを見るとなにやら様々な事情が深く絡まった結果の状態なのだろうなあと僕は邪推してしまうのですが、僕に関しては人間関係も生活構造も極めて単純ですから、本当に時間が足りないというだけで他の不具合は特にありません)。

幸いなことに、冬学期は夏学期に比べて長めの休みが多いらしく、更に二年時は一年時よりも時間割の空きが多いということであるようですから、見方を変えればここまで忙しいのはこの一年夏学期だけかもしれない、一度夏休みに到達すればとりあえず駒場にいる期間は後は逃げ切れるのではないか……と期待がかかるところであります。

そういえば、時間の使い方を考えるにつきまして発見したことには、僕が学校に通いながら習い事の類をしていないのは(浪人時代を数えなければ)、実に人生で初めてのことなんですね。僕は時間を拘束されるのが非常に嫌いで、後から考えての要不要とに関わらず(注釈を入れるということは、分ければ要であった習い事も少々あるという自覚はあるということでして、例えば、小学生の折に習字を習っていたおかげで、今もちゃんと書こうと思えばそこそこ綺麗な字が書ける、多分)、習い事に対しては常に鬱々とした感情を持っていたものです。

で、習い事から解放されたことで今解放感があるかというと特にそうでもないですし、この話のオチは特にありません。

 

 最近の楽しみはひたすらアニメ鑑賞です。

ゲームとか読書はなんかもうあんまり出来なくなってしまいました。どっちも結構体力を使うんですよ。疲れ果てて帰ってきたけれど何か娯楽を嗜もうというとき、本棚から本を引き出してホールドしてページを捲って……とか、ゲームを起動して画面を見てボタンを押して……という作業を考えただけでも気が滅入るものがあります。その点、アニメはリモコンさえ手元に置ければボタンを弄るだけで、後は触らなくても流れてくれるので楽でいいですね。最悪寝てても勝手に終わってくれるわけですから、目が覚めてから再生を止めればそれで30分楽しんだことにしていいわけです(この理屈でいけば映画でもドラマでもまあいいんですけど、問題点が二つあって、一つは情報量が多いこと、二つは時間が長いことです。アニメ程画像が単純ではないので処理するのに労力がかさむし、時間が長すぎて区切りにくいのです)。

 

ともあれ、夏が楽しみですね。

それでは。